司寿司の店舗ご案内

東京都江戸川区
  中葛西3-30-11

電話
     03-3688-2156
FAX
     03-3869-3203


交通手段
東京地下鉄
東京メトロ東西線
葛西駅」から282m


QRコード
司寿司のQRコード
携帯電話から司寿司の
1) 電話番号
2)メールアドレス
3)ホームページ(URL)
が読み取れます。

バックナンバー

旬の貝類

3月の日本酒会のお知らせ

 

3月の日本酒会

『春の磯と山菜を味わう』

貝類を中心の刺身、山菜の天婦羅を
お召し上がりください。

貝類がお好きな方、貝三昧です
是非ともお待ちしております。

日時、3月23日土曜日.19時より22時迄
会費、8000円『お酒飲まない方6000円』

限定15名様

献立の予定
《海鮮盛り》
生本マグロ.白身.イカ.タコ.

アワビ.ミル貝.赤貝.ツブ貝.サザエ、等

山菜の天婦羅 ;フキノトウ・タラノメ・ウド・海老、等

寿司 ;鮪漬け.車エビ.穴子.小肌.かんぴょう巻き、等

 

ご連絡お待ちしております。

司寿司 主人

9月の日本酒会のお知らせ

 

  

 

 

9月の日本酒会
『アワビのステーキ・肝バターソース』
【極上の海の幸を堪能ください】

平成30年9月29日土曜日・午後7時より10時まで
会費: 8,000円(15名様限定、お酒飲まない方6,000円)

各地「秋あがり」の日本酒

献立の予定
刺身盛合せ; 生本鮪、イカ、タコ、甘海老、等
アワビのステーキ
子持鮎の煮浸し
寿司; 鮪、穴子、車海老、コハダ、等
お吸い物 ・香の物 ・デザート
ご連絡お待ちしております。
司寿司主人

3月の日本酒会『春の磯を味わう』

3月の日本酒会

『春の磯を味わう』

貝類を中心に刺身、寿司を
お召し上がりください。

貝類がお好きな方、貝三昧です❗
是非ともお待ちしております。

日時、3月31日土曜日.19時より22時迄
会費、8000円『お酒飲まない方6000円』

限定15名様

献立の予定
《海鮮盛り》
生本マグロ.白身.イカ.タコ.

アワビ.ミル貝.赤貝.ツブ貝.サザエ、等

蛤酒蒸し.北寄貝バター焼き

寿司、鮪漬け.車エビ.穴子.小肌.ウニ.イクラ.

かんぴょう巻き、等
 
ご連絡お待ちしております。
司寿司 主人

猫は◎を食べると耳が落ちる

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸時代から現代まで
都市伝説の様に言い継がれた
話は本当かと思いますが
実は根拠のある言い伝えだったのです。

昔、東北地方で言われていました。
「ネコがアワビのツノワタを食べると耳が溶けて落ちる」

アワビの内蔵【中腸線と呼ばれる部位】矢印
に多く含まれるピロフレェオホルバイドa
など光励起物質が猫の体内で吸収され
光線過敏症の原因になります。

猫は体が毛で覆われているために
直射日光を浴びても皮膚までは
光が届きにくいのですが

その中で、耳は毛が薄い為に
皮膚から毛細血管まで届き
耳が光線過敏症を起こし
激しい痒みを伴い
猫は耳を掻きむしります。
又、有害成分で組織が
壊死する事があります。

おそらく、東北地方では
アワビを浜で捌いて
身は「干しアワビ」にする為に
貝から外し肝は
群がる猫達に与えたり
肝の入った器に頭を突っ込んで
盗み食いしたりする所を
毎日の様に見ていたのかもしれません

その猫達の中で数日後に耳がただれ
耳が溶けて無くなった猫達を
見る事があったのでしょう。

春先から初夏のアワビの内蔵は
特に毒が強く注意が必要です。

食卓で酒を片手に
アワビを食べている時も
隣で愛猫が食べたそうでも
肝は絶対与えないでください。

「飛露喜」飲み比べ.30日土曜日・日本酒会

30日土曜の日本酒会のお酒
【まだ空席あります】
「飛露喜」飲み比べと「くどき上手Jr.White-Beauty29」は日本酒好きな方
是非とも参加してください。

お待ちしております。

 

 

9月の日本酒会
『アワビのステーキ・肝バターソース』
【極上の海の幸を堪能ください】

日本酒会   ;  9月30日土曜日・午後7時〜10時

会費 ; 会費8000円〈お酒飲まない方6000円〉

各地「ひやおろし」と磯自慢・飛露喜・醸し人九平次、等

献立の予定
刺身盛合せ; 生本鮪、イカ、タコ、車海老、等
アワビのステーキ
子持鮎の緑茶煮
寿司; 鮪、穴子、車海老、コハダ、等
お吸い物 ・香の物 ・デザート
ご連絡お待ちしております。
司寿司主人

 

珍味『亀の手』甲殻類で海老や蟹の仲間!?

亀の手;貝と海老と蟹を足して3で割ったような味。今回は徳島産です!
築地市場には少ないが入荷する。珍しいものではないが値段は高い。
スペイン語で「ペルセベス」スペインのガリシア地方では欠かせない高級食材です、命がけで岩場に下りて採るそうです。
愛媛県など西日本で塩ゆでにして食べる。これはカメノテを珍重するスペインやポルトガルでも同様であるようだ、以前にスペインの紀行番組で見た亀の手は食べる所の袋状が長いもので沖縄の亀の手と同じようでした。…
貝のように見えるが甲殻類、みそ汁はエビと貝の両方の味がするから不思議。汁は絶品。また塩ゆでや酒蒸しにもなる。布目状の見える袋のなかに身とじゃりっとした食感の脚があってこれをしごき取るようにして食べる。話などでは良く聞くことがありますが実際に食べたことがある方は少ないです。

今月は「亀の手」強化月間です!食べてみたい方お待ちしております。

魚介類にトマトクリームチーズ・ソース !?

珍魚「スギ」の為にソースを作りましたが、いまひとつふたつ・・・でした。
舌触りもコクも・・・と言うことで、野菜たちの旨みも加え裏ごしをしバターと生ミルクで味を整えました。
加熱した魚介類に合う様にときっちんと作りました!
さぁあ~!?何気なくお客様にだしてみょお~っと!
本当は、あなたに食べてもらいたくて??????

『磯シジミ』の醤油漬け

生姜・ニンニク・山椒・唐辛子で香りをつけて、少々辛めの味付けで作りました。

思わず日本酒が飲みたくなりますよぉ~!

 

日本の珍味・今が旬『このこ』『くちこ』『ばちこ』??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナマコ【海鼠】は古くは『こ』と呼ばれていたので、なまこの子は「このこ」、なまこのわた(腸)は「このわた」、「ばちこ」は干した姿が三味線のばちに似ていることから呼ばれています。

ナマコは厳冬の1月から3月になると産卵期を迎えて発達肥大した卵巣を持つようになり、それが口先にあることから「くちこ」と呼ばれている。

開いた卵巣を何枚も連ねて一枚に干し上げるが、一枚作るのに十数キロのナマコが必要であるため、大変高価なものとなる

ごぞんじの海鼠の形からは想像もつかない繊細な旨みと濃く深い滋味に溢れています。

あぶりたてのふっくらとした[くちこ]を細く裂いて口に入れれば、噛むほどに旨みがじんわりと広がり、いつまでもいつまでもこの幸福が続くことを願うだけです。

[くちこ]をあぶり、ただよう香りも一緒に楽しみたい。もちろん熱燗と盃を用意して。

もちろん、石川県の地酒「金剣・純米酒 菊姫」も用意しました。

殻つき活け「トリガイ」入荷中。なぜ「鳥貝」と言う名前??

殻つき活け「トリガイ」トリガイ 鳥貝鳥貝

 

 

「トリガイ」と言う名前はどこか不思議に聞こえます。

 

 

 

 

なぜ「鳥貝」かと色々説はありますが、殻を開けるとアラ不思議
中から、可愛らしくまるで水鳥が泳いでいる様な姿。

 

こんなところから「鳥貝」と呼ばれるようになったとの説に納得。

生は甘く心地よい食感と磯の風味を味わえます。

1人前;800円